BitChannelInstallationToSakura

2004-03-27 18:10:39 +0900 (6890d); rev 7

 儂が借りてるこのスペースに BitChannel をインストール。成功。と云う訳で、メモ(てきとー)。

Ruby1.8.1 のインストール

 BitChannel は Ruby1.8.1 でないと動きません。ちなみに、ここのサーバの Ruby は1.6.8。と云う訳で、まずは Ruby をインストール。

Ruby インストールガイド - UNIX全般
http://www.ruby-lang.org/ja/install.cgi?cmd=view;name=UNIX%C1%B4%C8%CC

 本家からソースを持ってきて展開して、ほにゃらら。

% ./configure --prefix=$HOME
% make
% make install

 管理者権限なんて当然持っていないので、インストール先にはホームディレクトリを指定。

BitChannel のインストール

 Bitchannel のインストールは作者サイトの解説の通り。追加ライブラリは必要ないので、作業は楽な類なのではなかろうかと。

 CVS についてはこの辺を。

バージョン管理システム CVS を使う
http://www.radiofly.to/nishi/cvs/

 よく分からんと嘆きつつ、コマンドの意味を調べながら適当に設定。と云う訳で、コマンドをメモ。意味は理解した筈。と言いつつ実はてきとー。

# モジュール登録
% cvs import -m 'imported' bitchannel local start

# ワーキングコピーを二つ作成
% cvs co -d wc.read bitchannel
% cvs co -d wc.write bitchannel

 最後に index.cgi の書き換え。Ruby へのパスを上でのインストール先に変更。

#!/home/blueday/bin/ruby

 以上。

 Ruby をインストールした時、ライブラリへのパスが通っていないと思っていた。ふと確かめてみたら普通に通ってるし。恥ずかしい、嗚呼恥ずかしい恥ずかしい。全く以て何て事おぶえあ。

奥付

system revision 1.162